営業時間:9:00-18:00 土日祝除く

フリーダイアル:0120-63-1138 

logo

メール誤送信防止サービス

メール誤送信防止サービスのアクティブゲートは「メールや添付ファイル経由の情報漏えいを防ぐこと」を目的として「うっかりミス」によるメール誤送信を企業レベルで防止するクラウドサービスです。添付ファイルのWEBダウンロード機能は、大容量ファイル転送サービスとしてもご利用できます。

avtivegate

Active! gate SSのはこんな方におススメ!

  • ISO27001の取得に必須課題であるメール誤送信防止対策をしたい。
  • 運用ルールに基づいたセキュリティ対策をしたメール運用を行いたい。
  • 豊富な機能、設定を備えたメール誤送信対策ツールを探している。
  • 誤送信対策の運用が上手くいかないと悩んでいる。
  • 持ち出しノートPCや、スマホ・タブレットからの送信メールにも対策をしたい。

メールセキュリティは一般化するのが難しい…

多種多様な運用に対応可能な柔軟性が必要

悩み解決

4つのメリット

7つのアプローチ
7つのアプローチ

メール送信時に「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」のはすべて手作業です。Active! gateSSは「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否機能」「Bcc強制変換機能」「上司承認機能」でメールや添付ファイル経由の情報漏えいを徹底的に排除します。

Office365/G Suite連携
Office365/G Suite連携

企業のメールシステムをGmailやOffice 365などのクラウドメールに移行する流れは加速していますが、クラウドメールの標準機能だけでは企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができません。 Active! gate SSは、添付ファイルの暗号化や送信メールの一時保留などの機能を環境に依存しない柔軟なシステムで導入し、クラウドメールの安全な運用を実現します。

サポート充実
サポート充実

導入から運用までしっかりサポートします! サポート充実のライドならではのサポートスタッフが、導入から運用までしっかりサポート致します。 Active! gate SSは、7つのアプローチによる充実した機能を備えています。

30日間無料トライアル
30日間無料トライアル

メールアカウント10ユーザーまで、全ての機能をお試し頂ける、無料トライアルをご用意しています。 ご利用開始時に必要なユーザーの登録作業は全て弊社にて代行致しますので、ご利用のメールソフトの一部設定変更のみでご利用を開始頂けます。

ここがおすすめ

Active! gate SSは柔軟な条件設定が可能な7つの機能と環境を選ばない使い易さで
多くのお客様に選ばれています。

1.きめ細かな条件設定で柔軟な運用が可能

お客様の環境やビジネスの状況によって異なるセキュリティ・運用ルールに対応するため
きめ細かな条件設定が可能です。

Active! gate SSの設定・運用例

2.優れたインターフェースと使い勝手

毎日利用するメールの利便性を損ねないようユーザーに優れたインターフェースと使い勝手を提供します。
また、管理者の負荷を軽減するために、優れた管理画面を提供します。

3.導入・運用が容易

クラウド型のメールサービス、メールサーバーを自社内で運用しているケースなど
メール環境を問わずに導入できセキュリティ強化が可能です。
また短期間で導入が可能で、運用時の設定変更なども瞬時に反映できます。

誤送信防止のための7つのアプローチ

メール送信時に「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」のはすべて手作業です。システムで自動的に対処しない限り「うっかりミス」を完全になくすことはできません。
Active! gate SSは「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否機能」「Bcc強制変換機能」「上司承認機能」でメールや添付ファイル経由の情報漏えいを徹底的に排除します。

 1. 送信メールの一時保留

設定した条件によって送信メールを一定時間隔離・保留し、「うっかりミス」を防ぎます。

送信メールの一時保留

 2. 添付ファイルの暗号化

添付ファイルの暗号化や分離、パスワード通知までが完全全自動!

メールに添付したファイルを自動的に暗号化して相手先に送り届ける機能です。
暗号化を解くパスワードもランダムに生成されて、自動的に相手先にメールで通知されます。これにより、メールを直接受信した人(パスワードを知っている人)しか添付ファイルを参照できない事になります。
送信先誤りを防止する「送信メールの一時保留機能」を併用することで、更にセキュリティは強化されます。

送信者は特別な手順は不要で、通常通り添付ファイル付のメールを送信するだけでOKです。

添付ファイル暗号化

 3. 添付ファイルのWebダウンロード

メールに添付したファイルと本文を自動的に分離して相手先に送り届ける機能です。
メール本文には、添付ファイルをダウンロードする為のURLが追記されます。ダウンロードを行う際に必要なパスワードもランダムに生成されて、自動的に相手先にメールで通知されます。
これにより、メールを直接受信した人(パスワードを知っている人)しか添付ファイルを取得できない事になります。送信先誤りを防止する「送信メールの一時保留機能」を併用することで、更にセキュリティは強化されます。

送信者は特別な手順は不要で、通常通り添付ファイル付のメールを送信するだけでOKです。

添付ファイルのWebダウンロード

 4. Bcc強制変換

ToやCcに一定個数以上のアドレスがある場合、Bccに自動変換します。

Bcc強制変換

 5. 送信拒否

条件によりメールの送信自体を拒否します。送信拒否を通知するバウンスメールを送信可能です。

送信拒否

 6. 時間差配信

社内、グループ会社、社外にそれぞれメールを時間差で配信することで、外部にメールを送信する前に社内の関係者が内容を確認することができ、送信者が見落としていた「うっかりミス」などに事前に気づくことも可能です。

時間差配信

 7. 上司承認機能

ユーザー(被承認者)が送信するメールの確認や添付ファイルのチェックなどを上司、または第三者(承認者)が行い、承認者の承認後にメールが送信されます。 「不在代理者」と「代理者」承認者が出張や長期不在の場合に代理承認が可能な「不在代理者」と、承認者が一定時間内に対応できない場合に承認が可能な「代理者」を設定可能。メール承認の停滞を防ぎます。

上司承認機能

Office 365、G Suiteとの連携でクラウドメールのセキュリティを強化

企業のメールシステムをGmailやOffice 365などのクラウドメールに移行する流れは加速していますが、クラウドメールの標準機能だけでは企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができません。 Active! gate SSは、添付ファイルの暗号化や送信メールの一時保留などの機能を環境に依存しない柔軟なシステムで導入し、クラウドメールの安全な運用を実現します。

Office365/G Suite連携

Active! gate SS 設定・運用例

Active! gate SSは、様々なセキュリティ・運用ルールに対応できるよう、細かな条件設定が可能な誤送信防止サービスです。クラウドメール(Office365、G Suite)と連携し、企業のメールセキュリティを飛躍的に向上します。 ここでは、誤送信や情報漏えいを未然に防止するためにActive! gate SSを利用されているお客様の、実際の設定・運用例をご紹介します。

※お客様の利用されている設定例です。実際のサービスで設定できる項目はもっと多い場合がございます。詳細はお問い合わせください。

サービス業製造業コンサルティング業地方自治体金融業Pマーク/ISMS取得企業
全社員の外部宛てメールを60分間一時保留する、内部宛て、関連会社宛てのメールは保留しない
営業部門のみ外部宛てメールに添付ファイルがある場合は、添付ファイルをZIP暗号化し、10桁 以上のパスワードを自動発行する
派遣社員、アルバイトの方の外部宛て(外部ドメイン)の添付ファイルがある場合は送信拒否を する。但し、Ccに社員が入っている場合は送信を許可する
重要な特定の顧客宛てのメールは60分間の時間差配信(社内、関連会社のみ先に配信)をする
営業部門の外部宛ての添付ファイル付きメールは上司が必ず内容確認をする
添付ファイルの拡張子が以下の場合は送信拒否をする doc, xls, docx, xlsx, pptx, odt, ods, sxw, sxi, itd, htm, sgml, xml, zip, tar, tar.gz, gz, lzh, tar.bz2, tgz, eml, bmp, cab, gif, jpg, mdb, mov, mpg, msg, rtf, tif, png 添付ファイル付きのメールを送信する場合、基本的には添付ファイルをWebダウンロードで送信するが、特定のアドレスのみ添付ファイルをZIP暗号化して送る。また、特定の宛先には事前に作成した自由定型文を挿入して送信する
外部宛ての送信メールの場合、
  • 上長の許可がないとメール送信できない
  • 上長をCcにいれないとメール送信できない
  • 添付ファイル付のメールは上長をCcにいれないとメール送信できない
  • アカウントによっては添付ファイル付きのメールを送信できない
携帯メールのドメイン(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @softbank.ne.jp など )への メール送信は拒否する
フリーのメールサービスのドメイン(@yahoo.co.jp, @hotmail.co.jp, @gmail.com など) へのメール送信は拒否する
10MB以上のサイズのメールは送信を拒否する
1,000件以上の宛先(学校)に添付ファイル付きのメールを一斉配信するが、宛先ごとに以下の 挙動があらかじめ登録されている
  • 添付ファイルをZIP暗号化する or Webダウンロードする
  • 1件ごとに個別登録されたパスワードを自動発行(ランダム発行もあり)する
重要な顧客への送信メールをドメイン名ですべて事前にチェックし、監査履歴をメールに付加す ることで顧客との信頼関係を維持
添付ファイル、件名、及びメール本文のいずれかに「見積書」の文字が含まれている場合は、承 認者がすべてチェックする
新入社員や派遣社員など特定人物の送信メールをすべて確認することで、メール本文のトーン&マナーのチェックなど社員教育の一環として活用
添付ファイルの数が3個以上ある場合は送信拒否をする
ファイル名のない添付ファイル」がある場合は送信を一時保留する
外部宛てのメールに添付されているファイルのサイズが2MB以上の場合は、自動的にWebダウン ロードに切り替える
メールの宛先(To、Cc)に10件以上の外部宛て(外部ドメイン)のアドレスがある場合はBccに 強制変換する
外部宛てのメールは必ず上司の承認を得るか、あるいはCcに上司のメールアドレスを入れる
メールの宛先はヘッダToに対してのみ自分自身への送信を許可とし、そのほかの宛先への 送信については、Bccのみでの送信に限り可能とする。
  • Ccに宛先が存在する場合送信拒否
  • 添付ファイルサイズが10MB以上ある場合、送信拒否
  • 添付ファイルの拡張子がtxt , csv, pdf, dat, exe, log以外の場合、送信拒否
  • 添付ファイルが存在し上記に合致しない場合、ZIP暗号化しパスワードがランダムに生成され通知メールが受信者にのみ、毎回自動で元メールの3分後に送信される
送信履歴にない(一度も送ったことがない)メールアドレスに送信する場合は一時保留する
メールに添付ファイルがある場合、添付ファイルが暗号化されていたらそのまま送信する。添付 ファイルが暗号化されていない場合は自動的に暗号化する
業務時間以外(19:00~翌日の9:30)の外部宛てのメール送信は拒否する
外部宛てのメールはすべて、事前に登録しておいた1,000件以上の取引き先情報とマッチングしてNGの場合は送信拒否をする
  • ドメイン
  • 本文の会社名
  • 添付ファイル名(会社名)
上司承認のシステムを使用するが、上司ではなく職員の誰かが(同僚、後輩、部下なども可) メールを確認・承認すれば外部宛ての送信を可能にする
クレジットカード番号に該当する16桁の数字が添付ファイルに連続して含まれていないかどうか を確認することで個人情報漏えいを防止
送信拒否ポリシーによりメール送信が拒否された場合に、指定した任意の宛先にそのメールを転 送する。メールは内部監査室に転送され、送信者には通知されない
メーラーはLotus Notes/Dominoを使用し以下を自動的に実行
  • 添付ファイルがある場合は自動的にZIP暗号化する
  • 複数の添付ファイルがある場合も自動的に処理される
  • 6桁以上のランダムパスワードを自動発行
  • 2MB以上の添付ファイルは自動的にWebダウンロードに切り替える
  • 送信メールは管理者/ユーザー(個人)の保留条件を組み合わせて実行
外部宛てメールに添付ファイルがある場合は以下を自動的に実行
  • 添付ファイルは自動でZIP暗号化
  • ZIP暗号化は2回実行され添付ファイル名を隠す
  • 複数のファイルを添付する場合も自動でまとめてZIP暗号化
  • 2MB以上のサイズは自動でWebダウンロードに変換(+ZIP暗号化)
  • 解除用パスワードは別メールで自動送信
メール本文、添付ファイルに電話番号が10件以上、あるいは住所が10件以上ある場合は送信拒否 をする

サービスプラン

シングルドメインプラン

300円~/月

  • 300円/1メールアドレスあたり
    (10メールアドレスから)
    ※追加10メールアドレス 3,000円(最大契約490メールアドレスまで)
  • 初期費用 5,000円
  • 一つのドメイン内のメールアドレスで利用可能なプラン

マルチドメインプラン

500円~/月

  • 500円/1メールアドレスあたり
    (30メールアドレスから)
    ※追加10メールアドレス 5,000円
  • 初期費用 5,000円
  • 複数ドメイン混在のメールアドレスで利用可能なプラン